第13回PAC分析学会大会は2019年12月21日ー22日  (土日)に金沢工業大学で開催予定です。


これまでの大会

第13回大会(2019年12月準備中:金沢工業大学)【論文抄録が「学会誌」(第4巻)からダウンロード予定】

第12回大会(2018年12月:立命館大学 朱雀校)【論文抄録が「学会誌」(第3巻)からダウンロード予定】

第11回大会(2017年12月:日本保健医療大学)【論文抄録が「学会誌」(第2巻)からダウンロード可能】

第10回大会 (2016年12月:山陽学園大学) 【論文抄録が「学会誌」(第1巻)からダウンロードできます】

第9回大会(2015年12月:日本女子大) 【論文集Full-text】

第8回大会(2014年12月:福島学院大学)【論文集Full-text】

第7回大会(2013年12月:和光大学)【論文集Full-text

第6回大会(2012年12月:金沢工業大学)【論文集Full-text

第5回大会(2011年12月:国際基督教大学)【論文集Full-text

第4回大会(2010年12月:横浜国立大学)【論文集Full-text

第3回大会(2009年12月:明治学院大学)【論文集Full-text

第2回大会(2008年12月:東邦大学)【論文集Full-text

第1回大会(2008年3月:和光大学)【論文集Full-text


PAC分析2002@応用心理学会
日本応用心理学会第69回大会 ワークショップⅡ  2002年 9月7日(土) 15:30~18:00  
PAC分析の解釈をめぐって
<企画・司会> 井上 孝代(明治学院大学)
<講 師>
井上 孝代(明治学院大学)「PAC分析の機能と研究方法としての面接部分の留意点」
内藤 哲雄(信州大学)「デンドログラムの解駅を巡って」